FC2ブログ

アポロ

3年




アポロがお空に行って3年が経ちました。



(放射線治療後抜けてしまった左目下あたりの毛、
白い毛になったけどきれいに生えた寛解の頃)

何してるかなあ。
私達は見えてるのかなあ。

帰っておいで。
いつでも帰っておいで。
今年は友達も連れて一緒に帰って来てね。



(2016.7.28)
上の写真は、朝行った病院で生きているのも不思議と言われた日
病院の往復も身体にこたえるだろうから、と言ってもらい
通院も止めようと決めた日。
アポロの前で泣いたのは、涙が止まらなかったのは、
告知含めてもこの日が初めて。
家に帰って酸素ハウスで寝てもらったのに呆然と涙する飼い主を心配して
寄り添ってくれた優しいアポロ。
だから私はこの日のあともアポロの前では強く強くいられたんだよ。
私も優しいアポロをしっかりと守りたかった。





「ぐっすりと」は、亡くなる前日19時頃のもの
「こんなにきれいなのに」は、
 今日改めて見返したら亡くなる15分程前のものでした

肉球も毛並みもこんなにこんなにきれいなのに。と悔しかった。
スポンサーサイト



2年



アポロがお空に行って2年が経ちました。



まだ夢でも会えないアポロ。
2年経ったら、もっと経ったようにも思えます。

15年、誰よりも毎日毎日一緒にいて
一緒にいられなかった日なんて10日満たないくらい。
それがいきなり2年だから、当たり前か。なんて思ったり。



夢でも会えないアポロだけど、
ちょっと息詰まると、フワッとプレゼントのようなサプライズがあったり。
それはアポロのプレゼントかしら。なんて願望めいた妄想も(笑)





飼い主もすっかり身体にガタが来たり、疲れたが口癖だったり(苦笑)
アポロだけが年を重ねたのではなく、飼い主も年をとりましたーー。

茶色い子はピチピチ元気です。

アポロがいたからスカイがいる。
今年もやっぱりアポロにはいっぱいのありがとうを❤︎

誕生日に愛を叫ぶ




昨日、4/21はアポロの誕生日。
アポロが隣にいない2回目の誕生日。隣にいれば、17歳に。





病気をして、治療に勝って、完全寛解して。
それから何度も一緒に旅してくれたアポロ。





飼い主の願いを包みこむように、しっかり完璧にお供してくれました。




「愛犬の願い ソフィーとの約束」

(※勝手にリンクごめんなさい。
  一人と一匹。ふたり暮らし。
  同じ環境もあって陰ながら応援していたブログ。
  あの年齢で何度も何度も復活する姿は
  もう飼い主マルコさんの為としか思えなかった)

さっき、たまたま読んでしまったら
なんだか後から後から涙が溢れてしまって

そしたら、
いつもはっちゃけのやんちゃスカイが
私の目をペロペロ、ペロペロ・・・ずっと、ずっと。

犬って本当に不思議。
そして、犬の前での私はなんと素直なんだか(笑)



もちろんずっと愛してきたけど
アポロと同じだけ
スカイも愛して愛して、大事にするよ。

泣きながら、心の中はずっと愛を叫んでました(苦笑)

遂に



やっと、やっと完成



アポロと10回近く訪れた沖縄、石垣島。
一緒に過ごした旅の様子を、魅せられたその景色を
いつか必ず1冊の本に。
それはアポロがいる時からずっとずっと思っていたこと

でも、行く度に増えていった旅の日数
ほぼ7〜10日間の日程、なので1回で1000枚近い写真となり
あれもこれも思えば思うほど写真を選ぶだけで大変な作業
なかなか完成まで辿り着けていなかった



先日、期間限定で20%OFFになって。ならばと、一発奮起。
一番大きなサイズ(B5判)で最大ページ数(120page)
それでもまとめるには削って削って、
とても足りる量ではなかったけれど(苦笑)











大切な1冊となりました。

 photo back 「GRAPH」

ありがとうがいっぱい




アポロがお空に旅立った日



49日にも。 そして、1周忌にも



お花を届けてくれる友達



本当にありがとうがいっぱい



犬と暮らしていない彼女が
アポロと私にそっと寄せてくれるその気持ちが
本当に嬉しいのです

お別れの日も温かい気持ちで送ることが出来たのは
彼女が両手いっぱいにお花を持って
来てくれたから

嬉しいね、アポロ
友達が作ってくれたブーケだよ