2013年02月

お互いに

行って来ました、酵素断食合宿!
想像していたよりあっと言う間、
とても有意義な体験でした。
詳細はまた後日~。

そして、泣く泣く預けることになってしまったこのお方。
迎えに行って、無事家に戻った時の表情。
質問いっぱいの顔で見つめられました。



ペットホテルに預けた事が皆無な為、
夜に無人になってしまう場所に預けることにどうしても抵抗が。
そんな思いで探していたら、
案外近くに在宅で預かりをしてくれるところを発見。
と言っても、数回のメールのやり取りの後、
当日に初めて会った方に預ける訳でちょっとハラハラ。

預かりさん宅のパピヨンちゃん2匹とは、
吠えることなく挨拶し、後は双方干渉せず、
同じリビング内でそれぞれ普通に過ごしていたんだとか。
そして、預かりさんの膝の上をお借りしたりもしていたよう(笑)

預かりさんいわく、
社会化も出来てるし、穏やかな子だそう。

確かにとても穏やかとは思うけど、
犬の社会化で◎をもらえるとは驚き。

どんな風に過ごしていたのか、覗いてみたかった。
と、猛烈に思う一方、
思えば、飼い主にとっては、ほぼ初の数日の見えない空白。
でもアポロにとっては、日々見えないことだらけだね。
預けられていた間、いったいどんな事を思う?
飼い主も聞きたいことは、いっぱいです。

スポンサーサイト