スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れ、いや、腫れ



朝起きると、アポロが何やらぺロぺロ。



ダメって言われたから仕方なく手をぺロぺロしてるけど、



本当にペロペロしたいのは、こっち



もうかれこれ7年前、確か5歳の頃には既にあったと思われる
おっぱいが変形したイボのようなもの。 当時診てもらった病院でも、
とる or とらないは、見た目だけの問題だからと。
年数が経つにつれ、だらーんとイボ(皮)が伸び、
ちょっと目立つようにはなって来ちゃったけど、見た目だけならね、と。
たまに水風船が膨らむように、少しぷっくりすることもあったけど、
少しするとまた元に戻ったりで特には気にしてなかった。
が、1週間ほど前から赤みを帯びぷくぷくと腫れ、結構な大きさに。
本犬が気にする様子もなかったので、
また数日で元に戻るかなと思っていたところ
今朝はしきりにペロペロが始まってしまいました。
少し液のようなものも出て痛々しい感じ。

とりあえず服を着せ、なんとか舐めさせないようにしたんだけど、
やっぱり気になる。
で、やっぱり病院行こ! って言ったら、
「えっ、マジですか?」 みたいなこんな顔(笑)



ここまで腫れてしまったのは、炎症のせいでした。
先生が指で押すと、うみのようなものがじゅるじゅると。
とりあえず、飲み薬&消毒で1週間様子み。
炎症を防ぐ為にも、舐めさせないようカラーもすすめられたけど、
服を着せればしつこく舐める様子はないので、とりあえずは服で。

万が一を考えこの先、
①病理検査
②切除
なんかの話も出て。
ただ、今この状態で病理検査に出しても細菌ばかり出てしまうでしょう、と。
まずは炎症を抑えることが必須でした。

病理検査の件、
これまでの経緯、触診、見た目から言っても、
まず大丈夫ですよね?と聞いた飼い主に、
おそらく、、でもこればかりは100%とは言い切れませんって。

言って欲しかったけど、そりゃそうだよね。

でも行って良かった、今回ばかりは炎症で酷くなる一方だったかも。

---------------------------------

連日35℃超えから始まったこの夏。
急に暑さが落ち着きはじめ、
猛暑予想から一転、低温多雨予想へ?

青空フェチでもある飼い主、今日はいい感じの夏空が。
病院帰りの18時近くでもこんな空。





診察料  ¥840
内服  ¥2,100(7日分)
消毒薬  ¥315
---------------
合計  ¥3,255
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。