覚悟。なのかな

楽しい旅日記の途中ではありますが、、



(2014.10.18)

同病院にて毎週末経過観察すること4回目(3週目)



膨らみがなくなることはなく、ほんとに少しずつではあるけど目立つように



そして気になる目の充血。
当初からややあったものの、
緊張症ゆえ病院で顕著なような気もしていたし、
老齢から来るもののような心あたりもしていたし、
先生も両目みられるしね。と。



で、経過観察していても原因はつかめず。
腫れが自然になくなることもなさそう。
調べるならCTを勧められました。

悩みつつ、その場でいったんはお願いし、
でもその場でやっぱりもう少し考えてみることに。

全く嫌な感じのないこの腫れものに、
全身麻酔も、高額なCT費用も踏み切れなかった理由。

悪いものではなさそうだから、もう少し経過観察してみよう。
で、次の病院は2週間後に予定。

「小さくな~れ。無くな~れ。」
「うーん、アポロ君やっぱりあるねーー」 飼い主のもんもんが続く日々。

初めて病院を飛ばす週末。
なんとなく左目の様子が気がかり (充血&とろんとした感じ)
凝視続ける飼い主の前であくびしたアポロの左喉上、
瞬間、何かある。と思いました。 
見えた、パール大の何かが見えた。

で、結局飛ばす筈の週、日曜日夕方になって病院へ。
その場で翌日(今日)のCT予約を入れてくれました。

(2014.10.27)

今朝、CT検査の為、病院へ行く前のアポロ





ここは記録の場とは言っても、
痛々しい写真はやっぱりなんとなく外してしまうのかも知れない。

左目が赤く、ちょっとトロンとしています。







CT検査を終えた先生からかかって来た電話はちょっと厳しいものでした。

しっかり見て来た画像も組織も、説明も。

これまで下痢すらなく、
ずっとずっと飼い主に幸せを与え続けてくれた存在。
もう感謝と愛しさしかないのです、ほんと。

だから、今度は飼い主が精一杯、君を守りたい。
痛みもなく、苦しくもなく、今と同じように過ごせるように。

病気かも知れないという覚悟はしなくてはならないようです。
スポンサーサイト