悪性黒色腫



11.4 TUE 病理検査結果

もう今日の連絡はないかなと思っていた夕方、携帯に電話がありました。
「悪性黒色腫 (malignant melanoma) 」

画像、先生の話、覚悟していたとはいえ、
耳に届いた結果は動揺も落胆も直球でした。



まだ残業中。
こみあげる涙をこらえるのが精一杯。
飛んで帰りたいような、帰るのが怖いような。

明日から、会社に出る意味が解らない。
アポロをひとりにして出る意味が解らない。
いろんな感情が交錯して頭の中がぐちゃぐちゃ。



家に帰ったら、
いつも通り玄関まで尻尾ふりふり迎えに来てくれたアポロ。

この瞬間に感情も涙も溢れ出てしまうと恐れていたけど、

アポロに会ったら安心した。 なんだか本当に安心した。

涙は出なかった。



早速いつものご飯の催促があって。
可愛い笑顔があって。
お尻をぷりぷり振っているアポロがいる。

それだけで本当になんだか安心した。
アポロから受けるのはやっぱり大きな安心と温かさだった。



それは、もちろん今目の前にいるアポロが元気だから。



検査前よりもスッキリしたように見える顔。
夜ごはんだってペロリと完食して、
瞳もキラキラ、毛も艶々、お鼻も黒々とみずみずしい。

そんなこと、信じられないよ。



口の中に出来物を発見したその頃、そう言えば少し感じた口臭。
近頃また歯磨きをおろそかにしちゃったから、やらなきゃなと思わせた。

が、生体検査の為の組織採取後体調急降下から復活したあと、口臭がない。
それでちょっと期待していたのも事実。



この夜、お風呂につかっても涙は出なかったけど、

翌朝、まだ陽が昇る前にうっすら目が覚めてしまったら、
私にぴったりと身体を沿わせたアポロの心地良いどっしりとした重さと寝息。
慣れきったこの温もりに涙が溢れ出た。
その後も、この時間帯だけが飼い主にとってちょっと危険な時間。

それ以外は、元気なアポロを前に
「信じられないんだけど」 しかよぎりません。
チキンな飼い主ゆえ、
不調が見えたらあっという間に動揺しまくるのは想像容易いのだけど、
ならば、今は 「信じられない」 を糧に
目の前の現実に笑って過ごせば、いいんだよね。

----------------------------------------
3日経って、かかりつけ医に受け取りに行って来た病理組織検査報告書。
字で見るとまた直球が、、と思ったけど、
難しすぎて解りません(苦笑) それぐらいが良か。
現在もなお、血&リンパに侵襲がないことを祈るだけ。
悪性黒色腫 (malignant melanoma)

悪性黒色腫の浸潤性増生が認められました。
検索組織全体に及んで、腫瘍細胞の増生が認められています。
クロマチン豊富で核小体明瞭な多形成異型核を有する腫瘍細胞は、
束状の配列傾向が見られる充実性シート状配列で密に増生し、
核分裂像が多数認められます。
一部の腫瘍細胞の細胞質にはメラニン色素顆粒がみられますが、
無色素性の部分も比較的多く認められる悪性黒色腫です。
検索した範囲内では脈管侵襲は見い出されません。
スポンサーサイト