渓山荘へ⑤ 感謝



朝食を終える頃にはひらひらと舞う雪で更に積もり始め









いつもお願いしている駅までの送り。 
もしも、帰りの時間をずらせるならばと、1時間出発を遅らせるお話頂き。
もちろん1つ返事で、「はい、喜んで!」
宿側の都合でとおっしゃるものの、本当かな。

ありがたく、朝食後また温泉につかり、
雪を眺めながらゆっくり過ごす。









確かにもう古さも目立つ宿だけど



部屋の中にこんな場所がある宿はそうそうなくて









こんな贅沢な造りをまた期待するのは、正直ちょっと難しいかと。









この宿が持つ色気のような独特な雰囲気







居心地が良くて、たまらなく大好きでした。  

今やもう、旅はお気に入りを再訪ばかり。

とても大切な場所。

これまでずっとありがとう。

あぁ、寂しいなぁ・・・



スポンサーサイト