なるべく日常へ


アポロの体調は日々変わってしまうので
アポロの体調、食欲により
喜んだり、心配になったり
毎日、心身ジェットコースターのようではありますが
アポロと過ごす時間は結構穏やか



酸素室レンタル時にマスクと別ホースも貸してもらえ
「これは別に緊急時でなくても
 酸素室を嫌がる子に使ったり出来ます」と説明あり
なんとなく緊急時のイメージが強かったけど、そうかそうか、と。

で、酸素室を嫌がるアポロにはもれなくコチラがついてまわる(笑)



かなり迷惑そうですけどね



それでも日々の成果
初めは寝ているところに置いてもすぐ場所移動されたりしたけど
近頃は少しずつ、諦めが(苦笑) 稀にこんな素晴らしいことも

と、5月末に目にした肺のレントゲン画像が衝撃的で
リードをつけてもアポロに散歩に行く姿勢が見えなければ止め
なんとなく散歩躊躇していました

そして、6月半ばから下旬の絶不調

もう、散歩なんて頭によぎることすら

が、そんな中、たとえそこが病院であれ
出かけることでどこかシャンとするアポロ
なんだか少しキリっとするのです
なかった食欲にもちょっと火がついたり

なので、暑さの厳しくない日には
自転車のカゴに乗ってお散歩、そして少し歩く



なんだかアポロも満足そうに見えました

アポロを日常から少し遠ざけてしまっていたのは飼い主

お散歩というより、お出かけ好きな君はいつも通り外もきっと楽しめる

そして、七夕だった昨夜
日付が変わる少し前に早めにベッドに入って
たまたま見かけたコチラ↓

なんとなく、やってみたら



泣くだろーーー(笑)

いや、大好きな人が飼い主という保証はありませんがね

いや、私だろ (*ノω・*)
スポンサーサイト