初七日

もう初七日なんだそうです
いい歳してそのへん疎い私は
明日、初七日だね。という友達からのラインで
慌てて調べ、命日から数えることに昨夜気づきました



早いような、まだ7日?とも
どちらの想いもあって今はよく解りません
ガランとした部屋に溢れるお花には毎日元気をもらっていて
きれい、優雅だけでなく、今回初めて
お花は生きてるから嬉しいんだと思いました
部屋の中で、自分以外の呼吸に飢えているんですね(苦笑)



このお花屋さんは、アポロと覗いていたココ
「happy」というお店だったことは初めて知りました



お空に行った日は晴れたけれど、いつもに比べると涼しい風



先日、お花と一緒に、長野「蓼科高原」で汲んだお水も
もちろんアポロも毎日飲んでいました



そして、初七日の今日は、午前中はまさに蒸し暑い夏日。午後からは曇り



これも先日、驚く方からお花が届き



瞬時、驚きと共に涙が
必死にこらえたはず、はずだけど
もしも気づかれていたら、宅配の人からしたら意味不明(汗)



こんなにたくさんのお花と気持ちが届いて



アポロも嬉しかったね

主のいないあの場所はとても寂しいけれど

でも、やっぱり温かくもあって



初七日とは、
「故人が浄土に往生出来ますようにと仏に願うとともに、
 様子を見に来る故人に、あなたがいなくても大丈夫です。
 ということを伝える儀式」 とか

決して大丈夫ではありませんが(苦笑)
昨日、決まったこと
取り急ぎアポロに伝えたいことが
きっとアポロの計らいがあっただろうこと
感謝と共にアポロに報告です

飼い主は、引き続きこれまでの職場で仕事を続けられることになりました

アポロ、安心してね
そして、ありがとうね
頑張るね
スポンサーサイト