最期の日のこと

アポロのいない虚無感は
日を追うごとに心の中に広がって
どれだけ泣いてもアポロは帰って来ない
それが解っているから、泣くことさえ拒絶しているような
あ、不意に溢れる涙、流れ落ちる涙
それはよくあります



いつもトイレシートを広げていた場所
そこにシートがないことに未だ慣れなく
横を通り過ぎるたび、あっ、と。
頭より先に、センサーが反応してしまう感じ

完全に糸の切れた凧、行き先も目的も失って
そんな中、去年の今日、おととしの今日、旅行、先月、先々月・・・
そうやってブログを読み返していると、
共に愉しかった日々、共に一生懸命だった日々、蘇り満たされる
ここがあって本当に良かった

なので、最期まで頑張ったアポロの姿
しっかり残しておこうと
きっとまた、今とは違う気持ちでここを眺められる日が訪れるはず
さすがにいっぱいいっぱいだった為、撮影記録の日時を見ながら


8/9 am10:38 アポロが歩いている写真はこれが最後に


am10:42 その足で、酸素ハウス前にいた飼い主の隣へ


その後すぐ、飼い主も誘導して酸素ハウスへ 
すぐにぐっすり、そのまま寝続け4時間超え


この穏やかな眠りのあと立てなくなりました
    
ワンと吠えたので、ドアを開けると一瞬立とうと
でも立てず、その一瞬で悟ったようにもう立とうとはしませんでした
悲しそうに鼻鳴きを何度か  
  
この時、顔は上がっていて、意識も、目も通常通り
お水をあげると自分でよく飲み


夜になるにつれ、どんどん体がきかなくなり
介助しても手足は立たず
ごはん食べず

気になるのは、朝(8:00頃?)以来していないおしっこ
トイレシートまで抱っこ
何度誘導してもおしっこ出来ず

8/10  00:00 気になるのは呼吸よりもぐったり感
徐々に寝ている体勢でも自分を支えることが出来なく
顔をあげることも出来ない
酸素ハウスから出して、隣で一緒に過ごす 

・    
心臓に負担?心臓が大きく動く、呼吸もやや荒く

・    
am3:00頃より、鼻鳴き+ワンと鳴くように
(そう大きくない声で、ンーンー、ワンを繰り返す)
何かを言いたいのか、肝心な時に解ってあげられず(涙)
何となく恐怖からのような気も、いよいよ覚悟の時が。
旅立つ時には一吠えするようなことを多く目にしたので
出来れば大きな声も遠慮のいらない朝が来てから、と願いつつ
でも朝を迎えること、それは難しいことに思えました

am4:57  アポロが顔をあげているようにも、でもこの状況思い出せず


am6:19  夜が明けました


am6:52  一緒に朝を迎えられました


まさかの朝が来た
そしてこの時、未明よりも落ち着いたような様子に安堵して
このあと私、アポロの胸に顔をくっつけ眠ってしまいました

am7:45  飛び起きてアポロの呼吸を確認、ホッと


am7:46  と、アポロが!!






am7:47  あんまりびっくりして声かけながら夢中で写真を


あの横になった体勢から、アポロがどう起きたのか
自分が飛び起きた時でもあり、正直解らないのです
咄嗟に、お水飲む? 
私がアポロの身体を起こしたような気もするし
してないような気もするし
でも身体を支えられなかったアポロが一瞬でも

瞬間、覚悟じゃなかったんだ!!
ごめん、ごめん、違ったんだ!! 
また復活してくれたんだ、凄いねアポロ!!
とにかく興奮と嬉しさでひたすら話しかけていたような

am7:48  で、急いでお水をあげると、飲んだ!






am7:48  


飛び起きて目にした光景
私がどれだけ歓喜、興奮していたかは写真の時間が物語っていて

am9:10  でも、この時は私が介助。お水は多分飲めませんでした


am9:50  足や手を触って感覚を


am11:04


am11:05  


この写真が生前のアポロ、最後の1枚。

午後になって、
アイスクリームを口に少し含ませてみたり
お水を含ませてみたり
その時は、舌が、喉がちゃんとゴクンゴクンと

が、時間と共に、喉のゴクンがなくなって
目の力が弱くなってきて
呼吸のリズムが少し乱れ出し
少しすると突然カタンと、酸素マスクが転がり
小さく息を吸うと、いったん呼吸と心臓が止まり、また呼吸と鼓動が
続けてまた小さく吸うと、今度はいっせいに
まるで電源が落ちた電子機器のように
全てが同時にピタっと止まりました

結局、朝が来てからアポロは一吠えもすることなく
足をつっぱることもなく
最後小さく息を吸った2回目、静かに力強く旅立ちました

am3:00頃から亡くなるまで
ずっと寝ていないアポロを考えれば
苦しい時間だったのだと思います

それでもずっと静かに
きれいなまま

本当にきれいなまま逝っちゃった
不意にお尻を見たら
元気なうんちが途中まで顔を出し
その嬉しかったこと

あ、おしっこは?
午後からは、寝たままおしっこしていいんだよ、と
アポロには申し訳なく思いつつ
家にたまたまあったマナーパッドの試供品を
これでおしっこが出来れば
身体が汚れずに済むなら
何度見ても息のあるうちは、していなかったけれど
亡くなってすぐ見たら、ちゃんと出てました

最後までカメラの前でもいい顔を
たくさん、たくさんしてくれました
残る私が大丈夫なように
贈りもののように
事実、アポロに甘え最後の最後まで撮り続けた写真とビデオ
どれを見ても辛いものがありません

どこまでも深く大きく優しいアポロでした

本当にありがとう
おやすみ

スポンサーサイト