自慢





アポロが旅立って11ヶ月が過ぎました。

毎日毎日一緒に過ごしていた15年超え
それが会えなくなってもう11ヶ月
あっという間に過ぎていく日常と
アポロとのこの11ヶ月は
時間軸が全く別のようです



治療中も治療後も
飼い主の思いのたけ、盛りに盛られたごはんを
その全て受け入れてくれたアポロ
拒絶されたのは唯一、しめじだけだったかな(笑)

病気発覚から書いていた日々の様子
治療後7ヶ月経った、2015年7月は真っ白
それぐらい安心した毎日に変わっていたということ

でも、ごはんだけはずっと
買い物もとにかくアポロの食材目当てだったし

まいたけとメカブは1年以上毎日盛られ
本当によく飽きもせず食べ続けてくれたなあと



元々、毛量の多い方ではあったけれど
治療後1年、14歳の冬、この時が犬生一番ゴージャスな毛になってました
黒々としてフッサフサ、マフラーしてると勘違いされることも
これは間違いなくメカブの影響なんじゃないかと



これは飼い主の思いに応えた
アポロの頑張り、その賜物

その頑張りは、今も私を支え続けてくれます
スポンサーサイト